パリ・タンギー画廊で 個展、グループ展 ができます。


ゴッホが描いた、タンギー爺さん

彼は画廊兼画材屋を営んでいました。
その当時、クロード・モネ、ゴッホ、ユトリロ、シャガール、ピカソなどがタンギー爺さんの画材屋に集まりました。
お金が無いときはタンギー爺さんは、無償で絵の具、筆、キャンバスを与えていました。
パリ万博の時にはタンギー爺さんは、日本の浮世絵のコレクターでもありました。

その影響をモネやマチス、ゴッホが受けて、自分の作品に取り入れたのです。

印象派のステイタスは、ここでつくられました。


この印象派の歴史的な場所が現在は、タンギー画廊 となっています。
この芸術の歴史的画廊-タンギー画廊で、個展やグループ展 ができます。